腰の乗った打突を目指す

高段者の試合を見ている中で気付いたこと
・自分は手元が高い(手と足の動きがスムーズにいかない)
→剣尖が高くなる
→下げるために頭を下げる
→相手に面を差し出す形になる
→(結論)面を取られる原因

では対策稽古となると、「腰の乗った打突」が重要になる。
それはつまり「腰の乗った構え」から来なくてはいけない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました