今日の足跡(首都圏に緊急事態宣言)

仕事始めに追われる中、スマホに号外ニュースが入ってきた。

 

news.yahoo.co.jp

 

記事にあるとおり、GoTo事業の再開も目処の立たない状況となった。

これまでの対策が物語るとおり、新型コロナウィルス感染の拡大や防止は時間差で結果が出る。

年末年始という往来増加の要所を抑えられず、ここに来ての判断は機を逸した印象が強い。

 

ここで、以前より星野リゾートが打ち出している「マイクロツーリズム」に改めて注目したい。

 

news.yahoo.co.jp

 

マイクロツーリズムはインバウンド偏重から地域内の観光消費を見直し、固い国内観光需要を掘り起こすものだと、筆者なりに理解している。

  

記事を読むと、国の対策はマイクロツーリズムとは相反する点もある。

(東京発着のGoTo事業について、追加や除外への議論は何度もあった。)

「with コロナ」を標榜しつつも、観光客を無制限に動かす力が皮肉にもGoTo事業はあった。

ただ、身近の観光業者に聞くと、「各都道府県ごとでも需要は確保できた」という話も聞く。(根拠は示せないが)

 

一方で、事業により救われたという事業者も多い。

マイクロツーリズムには事業形態の変化を強いる部分もあり、転換できない中小零細業者は間違いなく淘汰されてしまう。

 

ここまでを踏まえて、マイクロツーリズムへ切り換えることは不可能だとしても、事業者育成の手を進める必要はある。

短期的な支援と併せ、有効な対策だと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました